スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末が来るぞー!

クリスマスカード、年賀状の季節になりました。

■クリスマスカード
FC2-733-20EP -2
線画完成しますた。

相も変わらずオリジナルですが...サンタコス主人公+チビキャラ9人の構成。
FC2-766-75EP.jpg
チビキャラは慣れないし特徴掴んでデフォルメするのが大変でした。
個人的にそこそこ上手くまとまったので良しとします。

■年賀状
来年の干支は羊。
ネタを何にしようか迷います。ウサギ年は"バニーガール"、去年のウマ年は"三角木馬(SM)"とそれなりにネタがあったのですが
羊は...どうしようかねぇ、という状況。

もう捻りはきかせず羊コスの格好をした人か、獣人でいいかな。
羊人間(♀)で"毛刈り"がテーマだとエッチになりそうですね。
どこまでもキモヲタの発想でゴメンナサイ。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

ジル・バレンタイン、ラムレザル=ヴァレンタイン、エルフェルト=ヴァレンタイン

40日溜まってカンストしていた有給を久々に消化。今日明日有給で5連休中です...。
5日間、趣味のみに生きます。

私にはお絵かき、フィギュア、漫画...色々趣味がありますが...
「時間の確保が困難」、「絵を描く時間が優先」という理由でやめてしまっていた?趣味があります。
...テレビゲームです。

でも最近、ある2タイトルが気になっていて、PS3ごと買ってしまいそうな勢い。

・biohazard HD REMASTER
初代のリメイクですね。(といってもこのリメイクも10年くらい前なんですが。)
もう一回やりたい。ウェスカーズリポートも一新されたと聞いて期待。

・GUILTY GEAR Xrd -SIGN
去年の新作稼働時、「10年以上ぶりにやっとストーリーガ進む!」と嬉しかったものですが、
いざアーケードモードをプレイしてみると「何じゃコレ、また風呂敷広げるだけ広げて意味わかんねー。」と思った記憶がありますw
家庭用は特に興味なかったのですが、"ストーリーモードがアーケード版以降のストーリーでアニメーションもあり"ということで欲しくなってしまったとです。

でもどうしよう。今一人暮らしでテレビ持ってないんですよ、私。
そろそろPC用のモニターを買おうと思ってるんだけど、PS3と繋いだり出来るのかな。

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

眼帯キャラが眼帯キャラになる前

描いている漫画の作風に合わないのですが、ちょっとOSRな雰囲気を目指してオリジナル作品のサブキャラの過去話をイメージした流血絵を描いてみました。
FC2-730-20EP.jpg

候補が何個かあって...
FC2-731-20EP.jpg
当初は左下みたいにしあげる気でした。

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

アオオニ・アカオニ

web漫画のネームに行き詰ったので、種族"オニ"のオリキャラ立ち絵を進めていました。。
彩色途中ですがうp。

■アオオニの女性
FC2-726-20EP.jpg
とペットの虎。

FC2-727-55EP-2.jpg
肌も髪も上着も全て青系統の色にしようと決めた時から、青一色ののっぺりした感じにならない様に気を遣いました。
肌・髪・上着はそれぞれ別系統の青を土台に使っているつもりですが、各部の影をつける時に境界をつぶさない様に気を使います。
影部分には青紫系統を混ぜていくのがいいかな、なんて思っているのですが。

■アカオニの女性2名
FC2-728-20EP.jpg
遊園地の土産屋の店長(左)と看板娘(右)。
店長は文字通りオニババをイメージしています。猫背にするか迷いましたが。

■なんとなく並べてみた。
FC2-729-25EP.jpg
<<クリックで拡大>>
彩色未完なのに何やってんだろう。
虎さん単色塗りしかしてないし他のキャラに埋没しちゃってる...。

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

ビオゴジ、瞳の再塗装

FC2-723-title-40EP.jpg
前回日記にも書いた様に、強いて不満点挙げるなら瞳の塗装かな・・・な酒井ゆうじ造形コレクションのビオゴジ。

FC2-720-30EP.jpg
Mr COLOR GXのクリア系の塗料を使用して瞳にちょいリペしました。使用したのはクリアブラウン、オレンジ、レッドです。

FC2-724-40EP.jpg
虫眼鏡と面相筆でレッツトライ。

FC2-721-40EP.jpg
製品本来の黒目塗装である黒丸部分を、瞳孔に見立てて、クリアブラウン・レッドの混色をレべリング薄め液で希釈した物を黒丸周辺を塗っていきました。虹彩を描きくわえたイメージですね。
(黒目を描き直すのは私にはハードルが高かったので、本来の黒丸部分の周りにクリアブラウンを重ねた感じですね。)

FC2-722-40EP.jpg
更にクリアオレンジを希釈したものを眼全体にコート、白目の淵にはクリアブラックをスミ入れの要領?で注しました。

映画での物の様な色合いには出来ませんでしたが、自分の力量の範囲内でそこそこの仕上がりになりました。
少し離れたところから見ると、眼が真っ暗に見えるので雰囲気的には良いです。

一説では、この眼が暗くて表情が読み取りにくい!という理由で、バトゴジ以降は眼は虹彩の色合い変更等が入ったんですよね...。
ビオゴジのこの!この眼がカッコイイのに!! と私は思ってしまうのですがw
FC2-725.jpg
うん。イイ...(うっとり)

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

東宝30cmシリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(1989)「第四種警戒体制 大阪上陸」 少年リック限定 発光Ver.

リック限定版のみ1ヶ月の発売延期・・・な、長かった...。
10月初旬、通常版がリリースされてからというもの、大須や日本橋で見かけるたびに通常版を買いたい誘惑が何度も何度も...。今回の3連休初日に我が家にやってきた時は嬉しさだけでなく奇妙な安堵感が...。
FC2-703-0-twitter.jpg
前置き長くなりましたが、今日はエクスプラスの新シリーズ、”東宝30cmシリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション”の第一弾、1989年版ゴジラ、通称ビオゴジのオハナシです。

■箱/梱包状態
FC2-704-20EP.jpg
箱はこれまでの30cmサイズに比べるとコンパクト。
中は「本体、尻尾(2ピース)、電池ボックス」の4点および説明書&アンケートという構成です。

■顔
FC2-705-40EP.jpg
造形、すごーくカッコイイですね。この顔が好きなんですよ。ビオゴジのスマートかつどっしりボデーにも、ギドゴジのマッチョ体系にも似合う、私の中で最高のゴジラ顔です。(子どもの頃の思い出補正もあるかもしれないけれども。)

あえて不満を挙げるなら瞳と歯の彩色。歯は歯茎とまとめて白く塗りつぶされている箇所があるのは残念。
(歯が2列ですし、細かいのでこの要求は贅沢過ぎるでしょうか。)

瞳は茶色の下地に黒丸が塗られているのみ。
FC2-705-2-40EP.jpg
映画内みたいな瞳に出来たらいいんだけど。
リペしてでもコイツを再現したいけど...私には難しいかな。クリア塗料とかで挑戦してみようかな。(←)

■両サイド/背面
FC2-706-30.jpg
FC2-708-40EP.jpg
FC2-707-30EP.jpg
う、美しい...。
スーパーX2との2回目の対決前、ビルに囲まれた川の中を歩く光景が浮かんできますわ。

■背びれ(未発光)
FC2-709-40EP.jpg
一見すると畜光樹脂っぽくも見えます。白い部分は、畜光樹脂の緑成分を取った様な雰囲気です。
(語彙力なく申し訳ございません。うまく伝えられません。)

■発光ギミック
FC2-710-30EP.jpg
ここ2年くらいですっかりお馴染となった、電池ボックス方式。プラグを左足に差し込んでスイッチでON/OFFします。
正直、昔のはめ込み式だったら通常版にしています。

今回、本当にうれしかったのはこの配慮。
FC2-711-15EP.jpg
リック公式ブログにも記載ありましたが、電池ボックスのプラグ差し込み口にかぶせるカバーが付属している点。
この仕様が発覚したのは、今週の月曜だったかな。私は大阪出張から帰還しているとこ名古屋行きの新幹線の中で小躍りしそうになったモノです。

私は盆明けの予約締切まで、結構"通常版 or リック版(発光)"か迷っていました。発光は良いな、と思いましたが
・発光させる機会は買った時、以降はたまに...。
・電池ボックスのプラグ差し込み口が結構目立つ...。
という2点から、「普段眺める分には通常版の方が良いんじゃない?」と考えていたんですね。
(凄ーく迷って予約受付最終日に発光版に決めた記憶がありますw)

■発光
昼間に部屋の電気を消して薄暗くする程度でも中々にカッコ良く光ってくれますよ。
色は上品な白ですね。個人的には「青色に光るようにして欲しいな~。(不満)」、と思っていましたがコレはコレで中々。
FC2-713-40EP.jpg

未発光/発光の比較
FC2-712-30EP.jpg

背面から
FC2-714-40EP.jpg

■同社ビオゴジとのサイズ比較
FC2-716-30EP.jpg
左から「東宝大怪獣シリーズ」、「東宝30cmシリーズ(酒井ゆうじ造形コレクション)」、「東宝30cmシリーズ」。

今回は原型の身長30cmから製造の工程で28cmに縮んでいるとのことで、同社30cmシリーズのゴジラより少し小ぶりになっています。
同じ30cmシリーズと並べるよりも、大怪獣シリーズの大物なんかと並べた方が見栄えはいいかもしれません。
縮尺的には大怪獣シリーズの昭和怪獣と並べるのも面白いかも。

30cmシリーズのスペゴジなんかと並べると酒井氏のビオゴジ小さく見えます。設定上はスペゴジの方がビオゴジの1.5倍なんで設定上程の体格差はないのですが、ビオゴジを100mと見立てた位程度のサイズ差がいいな、と思うのです。

世界観・縮尺は違いますが年末発売予定の総進撃ギドラと並べると結構良さそうです。今から楽しみです。

それにしても「酒井ゆうじ造形コレクション」、いいもんですね。不定期で少しずつリリースしていって欲しいです。
私にとって好きなゴジラはビオゴジとギドゴジの2トップ。
比較的ビオゴジに近い造形のギドゴジは暫くは来ないかな?と思いますがリリース待って気長に待とう。

とりあえず製品購入時に付いてくるアンケートには、毎回ギドゴジをリクエストしていこうと思いますw

■おまけ
< VS X-Plusビオランテ>
今回のビオゴジが大怪獣シリーズと30cmシリーズの中間位の大きさということは!
FC2-718-30EP.jpg
並べてみますよね。ビオランテのボリュームが凄まじいのと、触手が太めに造形されているのも手伝って、思ったほどビオランテが小さく感じない!

FC2-718-2-40EP.jpg
映画ほどの体格差はないですねw

<大阪上陸!>
私はついつい↓のアングルで眺めちゃいます。
FC2-719-45EP.jpg

というのも
FC2-719-2-40EP.jpg
このカットが幼稚園児の頃から好きで。

<発光>
青く光ってくれたらな~、と思っていると先ほど書きました。
実際青色だったら、どうだろう...と思い少し画像に手を加えてみました。
FC2-714-2-40EP.jpg
※画像編集ソフトで少加工したものです。実際はこの様な色には発光しません。

うん、やっぱり青色もカッコイイ!

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

■自己紹介

しんじんM(31)

Author:しんじんM(31)
■ご挨拶
こんにちは、リーマン8年目の
しんじんMです。
念願のUターン就職が叶い
喜んでましたが、東京→名古屋と転勤になり今に至ります。
よく大須に出没します。

■その他アカウントetc
mixi:がっき→【゚д゚】
pixiv:550569
Skype:ShinjinMMM
twitter:ShinjinMMM
R-Code(GGXrd sign):
<アーケード>しんじん
<家庭用>ShinjinMMM
R-Code(GGXrd revelator):
<アーケード>ツチ○コ

■検索フォーム
■閲覧感謝
■カテゴリ
■twitter(ShinjinxXx)
■twitter(ShinjinMMM)
■アーカイブ
■コメント
■リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。